コラム|箕面で安心の歯医者、歯科をお探しの方は【しずくいし歯科医院】まで

時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~20:30
>>診療カレンダー
△土曜は10:00~14:00
休診日:日・祝

〒562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F

  • 電話
  • メニュー

コラムBlog

歯の豆知識

タバコと歯周病

2017年10月21日

タバコには数千種類もの化学物質が含まれ、有害なものもあると言われています。

歯周病にも関係しているとも言われています。

●ニコチン・・・・歯ぐきが酸欠・貧血状態に!!

歯周病の症状の1つ出血がでにくくなり歯周病になっている事に気づきにくくなります。

体を守る免疫の機能も落ちるのでばい菌と戦う抵抗力が落ちやすくなります

●タール・・・・歯石やヤニがこびりつく!!ばい菌が張り付きやすくなり歯周病をもたらします。

 

また治療を始めてもどうしても治りが遅くなってしまうのも喫煙されている方に多いです。

禁煙をされることによってすぐではないですが、少しずつ歯周病のリスクも下がってきます。

歯周病は歯が抜ける原因です。

いつまでもおいしくご飯を食べれるよう、歯周病・虫歯のリスクを知り定期検診でしっかり歯を守っていきましょう!!

歯間ブラシでよく質問されること

2017年10月13日

歯間ブラシで患者様からよく質問されることがあります。

 

☆歯と歯の隙間があいてくるのでは??

歯ぐきが歯周病だった場合は清掃しっかりされたことにより歯ぐきが健康になり引き締まって本来の隙間になったのです。

ただしあってないサイズを無理やり入れると歯茎が刺激を受けて下に下がってしまいまうので注意が必要です。

自分にあったサイズで、正しい使い方をしてくださいね。

ぜひ歯医者で使い方の指導をうけることをおすすめします。

 

☆歯間ブラシは使い捨てですか?

歯間ブラシは歯ブラシと同じように、使用後は水で洗って乾かしてもらえれば何度か使えます。先がへたってきたりワイヤーが変形したら替え時です。

☆使うと出血するんですが・・・

歯肉炎・歯周病でハグキに炎症がある場合などは、歯間フブラシを使い始めの頃に出血することがあります。痛みがあったり出血が続くようでしたら、使用をやめて来院してください。

 

 

 

歯医者で正しい使い方をマスターして歯周病・虫歯を予防しましょう!!

 

ハロウィン

2017年10月6日

ハロウィン企画計画中。

 

image1

 

チェックアップシリーズから・・・・

2017年9月29日

チェックアップ1

 

フッ化物配合上限が国際基準(ISO)と同じ1500ppmを上限として認可された事から
チェックアップシリーズが従来の950ppmから1450ppmと高濃度フッ化物配に改良となり発売となりました。
少量洗口が可能な少ない泡立ちに、フッ素が広がるソフトペースト。

使用できる年齢が6歳以上となっています。

根強い人気のチェックアップシリーズ。
使い方などはスタッフまで気軽に聞いてくださいね。

 

10月号でました。

2017年9月29日

10月号でました。

 

1710_しずくいし歯科

1 2 3
ページトップへ