矯正治療|箕面で評判の歯医者、歯科をお探しの方は【しずくいし歯科医院】まで

時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~20:30
>>診療カレンダー
△土曜は10:00~14:00
休診日:日・祝

〒562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F

  • 電話
  • メニュー

矯正治療Orthodontics

しずくいし歯科医院の矯正治療

きれいな歯並びは、見た目の美しさに加え、
かみ合わせの良さからくるメリットがたくさんあります。
お子さんの歯並びが気になる場合は、早めに矯正治療を開始することで、
健やかに成長する手助けとなります。
また、大人の方であっても、矯正治療はいつからでも始められます。
歯並びが整うと、かみ合わせが正しくなってお口や全身の健康増進につながり、
さらに長く抱いていたコンプレックスが解消されるため、
心身ともに良い影響を与えてくれるでしょう。

イメージ画像

矯正治療のメリット

  • 歯みがきや歯間ブラシがしやすく、むし歯や歯周病の予防になる
  • かみ合わせが良くなるので、食事をおいしく食べてよくかめるようになり、消化もよくなる
  • 筋力が正しく使えるので、子どもは口の機能の発達が促進され、大人は機能低下の予防になる
  • 発音や話し方がきれいになる
  • 美しい歯並びで、自信を持って笑えるようになる

不正咬合の種類

このような歯並びでお悩みなら、一度ご相談ください。

  • 叢生(そうせい)

    イメージ画像
    別名「乱ぐい歯」。歯が重なり合い、デコボコになっている状態です。歯みがきがしにくいため、むし歯や歯周病になりやすいです。
    イメージ画像 イメージ画像
  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    イメージ画像
    別名「出っ歯」。下の前歯よりも上の前歯が大きく前にせり出した状態です。食べ物をかみ切りにくい、歯周病のリスクが高まる、顎関節症になりやすいといったことがあげられます。
    イメージ画像 イメージ画像
  • 開咬(かいこう)

    イメージ画像
    かみ合わせた時に奥歯だけが合わさり、上下の前歯はかみ合わない状態です。
    物をかみ切りにくく、しゃべる時にも息がもれてしまいます。奥歯には負担がかかりやすくなり、知覚過敏などが起こることもあります。
    イメージ画像 イメージ画像
  • 過蓋咬合(かがいこうごう)

    イメージ画像
    上の前歯がかぶさり過ぎて下の前歯が見えない、かみ合わせが深い状態です。
    顎関節に負担がかかるため、顎関節症のリスクが高まります。また、下の前歯が上の前歯の歯ぐきをかんでしまい、歯ぐきを傷つけたり、骨に影響を及ぼしたりすることもあります。
    イメージ画像 イメージ画像
  • 空隙歯列(くうげきしれつ)

    イメージ画像
    歯の間にすき間がある状態をいいます。
    すき間に食べ物がつまりやすいため、むし歯や歯周病のリスクが高まります。また、息ももれやすいので発音にも影響します。外からも目立つため、審美的なデメリットもあります。
    イメージ画像 イメージ画像

成長期のお子さんに適した床矯正

イメージ画像
床矯正とは、主に叢生(そうせい)という歯がデコボコの状態を矯正する治療法です。成長過程にある6~11歳頃までに治療を始めるとよいといわれています。
プラスチック(レジン)で作られた床部分と、表側の歯を抑える金属線で作られた装置を一定時間装着します。レジン床に埋め込まれたネジを調整することで顎の発育を促し、歯列がきちんと並べるスペースを作って歯並びを整えます

目立ちにくいマウスピース型矯正装置

矯正をしてみたいけれど、こんな不安がありませんか?

  • ● 口元が気になってうまく笑えない
  • ● 矯正器具が見えてしまうのが困る
  • ● 前歯が出ている、受け口である
  • ● 歯磨きしづらい箇所がある
  • ● 矯正治療に興味はあるが、痛そう…
このような不安の声を解消するために、
当院は透明で目立ちにくいマウスピース型矯正装置を導入しています。
イメージ画像

マウスピース型矯正装置の
メリット

  1. 取り外しOK!食事や歯みがきも快適に

    イメージ画像
    マウスピースは自由に取り外すことができます。例えば、食事の際は外して、違和感なく飲食が可能になります。ワイヤーなどを気にすることなく、歯みがきもいつも通りに行えるので、口腔内を清潔に保てます。
  2. 透明で目立ちにくい!異物感なく会話も自然に

    イメージ画像
    透明なマウスピースなので装着しても目立ちにくくいのが特徴です。やわらかくて薄い素材なので、装着しながらの会話も自然にできます。金属の矯正装置のような異物感が少なく、快適な着け心地です。
  3. 日本製で安心!こまめに調整可能

    イメージ画像
    マウスピースは安心の日本製です。発注・製作・発送などがすべて国内で行われるので、海外製のマウスピースと比べると治療を始めるまでがスピーディーです。1ヶ月ごとに歯型を取り、そのときに適したマウスピースで矯正できます。

治療の流れ

  1. ご予約・ご相談

    マウスピース型矯正について、丁寧にご説明いたします。現在のお悩みやご希望、治療内容など、不安なことや疑問点があれば、なんでもご質問ください。

  2. 診査・診断のための検査
    イメージ画像
    マウスピース型矯正装置を使った治療について、ご納得いただきましたら、治療を始めるにあたり必要な情報をそろえます。当院では、歯科用CTやセファロなどの先進的な機器を使い、患者さんの歯やお口の状態を詳しく把握します。
  3. 治療方針のご説明

    検査の結果をもとに、現在のお口の状態や今後の治療方針などについて、くわしくご説明いたします。この説明を聞いていただいた上で、実際に治療を行うかご判断ください。

  4. 矯正治療開始
    イメージ画像
    実際に矯正治療をスタートします。定期的にお口の状態を診て、矯正装置の調節を行います。マウスピース型矯正装置は、患者さんお一人お一人に合わせて製作し、治療期間も患者さんごとに異なります。治療をできるだけ早く終わらせるためには、きちんと定期的に通院していただくことと、ご自宅で指示された通りに装置を使用することが大切です。
  5. 保定期間

    歯並びがきれいになったら、治療を終了して保定装置をつけます。矯正装置をつけなくなると、歯は少しずつ元に戻ろうとしてしまいます。矯正させた位置に歯をしっかりと安定させるため、保定装置をつけて経過を観察します。

  6. 保定終了・メンテナンス
    イメージ画像
    歯並びが整った後も、歯の健康を維持するために定期的にメンテナンスをしましょう。
ページトップへ