コラム|箕面で人気の歯医者、歯科をお探しの方はしずくいし歯科医院まで

時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~20:30
>>診療カレンダー
△土曜は10:00~14:00
休診日:水・日・祝
※祝日がある週の水曜は診療いたします。

〒562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F

  • 電話
  • メニュー

コラムBlog

歯の豆知識

インビザラインによるマウスピース矯正

皆さん、こんにちは。しずくいし歯科医院です。

当院では、多数のマウスピース矯正を取り扱っておりますが、今回は、『インビザライン』についてお話しいたします。

 

インビザラインとは

インビザラインとは、マウスピース矯正の種類のひとつで、多くの歯科医院がインビザラインを採用しています。

ちなみに、インビザライン矯正用のマウスピースを、専門用語では「アライナー」と呼びますので、歯科医院ではそのように呼ばれている場合もあります。

 

基本的に1回の歯型採取で、最終段階のマウスピースまでまとめて製作してしまいます。

歯型から3Dシミュレーションソフトで矯正治療の進行に合わせたマウスピースの形を考え、精密な形のマウスピースを作ります。

マウスピースは透明で厚さは0.5mmほどです。

通院回数は通常2~3ケ月に1回で済みます。

 

インビザラインのメリット

インビザラインには、以下のようなメリットがあります。

 

まず、インビザラインはワイヤー矯正のように目立つことがありません。

そのため、接客業など見た目が大切な職業の方や、若い女性の方にとくに人気が高いです。

 

また、歯にかかる矯正力が強すぎず、弱すぎず、適度であるという点が挙げられます。

通常のワイヤー矯正の場合は強い矯正力をかけるため、調整後数日は痛みや違和感を生じる場合があります。

その点、インビザラインは少しずつ歯を動かしていくため、マウスピース交換時に少し痛むことがあるかもしれませんが、強い痛みを感じることはほとんどありません。

 

ほかにも、インビザラインは取り外すことが可能です。

一般的な矯正装置の場合は歯列に固定しているため、自分で外すことはできず、お食事や会話がしづらくなったり、歯磨きが難しくなったりします。

インビザラインは食事や会話の時に外して普段どおりにお食事や会話を楽しむことや、歯磨きの時も外すことによって、お口もマウスピースをきれいにすることが可能です。

 

インビザラインのデメリット

一方、インビザラインのデメリットとしては、適応可能な症例が限られてしまうという点です。

 

インビザラインではワイヤー矯正ほど強い力を歯にかけられないため、たとえば大きく歯列から外れた歯を戻すという場合には、マウスピースでは難しくなるため、ワイヤー矯正しか選択できません。

 

まとめ

このように、適応可能な場合には、インビザラインは大変優秀な矯正装置であるといえます。

当院では、ご相談のみも承っておりますので、興味のある方はぜひご相談ください。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 〒562-0001大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL https://www.8341shizuku.com/
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

ページトップへ