コラム|箕面で人気の歯医者、歯科をお探しの方はしずくいし歯科医院まで

時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~20:30
>>診療カレンダー
△土曜は10:00~14:00
休診日:水・日・祝
※祝日がある週の水曜は診療いたします。

〒562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F

  • 電話
  • メニュー

コラムBlog

歯の豆知識

「歯がしみる!」その原因とは

皆さん、こんにちは。しずくいし歯科医院です。

冷たいものが歯にしみたことはありませんか?
健康な歯であれば、冷たいものを食べてもあまりしみたりはしません。

冷たいものがしみるのは、歯の神経のトラブルによるものです。
原因にはどんなものがあるのか、詳しくご説明いたします。

 

むし歯

むし歯が重症化すると、むし歯の穴から細菌が歯の神経に入りこんで炎症を起こす「歯髄炎」という状態になり、しみやすくなります。

痛みがひどくない場合は、むし歯になった部分を取り残しがないよう完全に除去し、被せ物や詰め物で患部にフタをします。
痛みがひどい場合には神経を取り、神経の通っていた歯の根の管を消毒する「根管治療」を行います。

 

歯周病

歯周病になると歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える「歯槽骨」を溶かすことで歯ぐきが下がってしまいます。
すると、歯の内側の「象牙質」が露出してしまうため、しみやすくなってしまいます。

歯周病が原因の場合は、これ以上歯ぐきが後退しないよう、歯周病の進行を食い止る治療を行います。
しかし、歯周病が重症化してしまうと、歯の根の先端まで吸収してしまい、「上行性歯髄炎」という歯髄炎を起こしてしまいます。
ここまでくると、むし歯同様に根管治療を行うことになります。

 

誤ったブラッシング

歯磨きの時にブラッシングが強すぎると、歯ぐきが傷ついて歯ぐきが後退してしまうことがあります。
歯肉が後退してしまうと象牙質が露出して「象牙質知覚過敏症」という状態になり、水がしみたりブラッシングの時に痛みが生じます。

これを防ぐためには、歯科医院でご自分の歯並びに合わせた適切なブラッシング指導を受けることが必要です。

 

歯ぎしり

歯ぎしりのクセがあると歯ぐきに負担を与え、歯周病が進行して歯ぐきが後退し、象牙質が露出したりします。

また、歯の噛む面のエナメル質がすり減り、象牙質が露出してしみることもあります。

 

これを防ぐためには、マウスピースを使用したり、噛み合わせを削って歯にかかる負担を減らしたり、噛む面の象牙質が露出している場合には被せ物で覆ったりします。

 

歯に亀裂が入っている

強い歯ぎしりや外傷によって歯の表面にヒビが入っていると、そこから細菌が歯髄に感染して歯髄炎を起こし、しみることがあります。

この場合は、被せ物をしてヒビがそれ以上広がらないようにして経過を観ます。

しかし、痛みが強い場合は歯髄炎の悪化が考えられますので、歯の神経を取ってから被せ物でヒビを覆います。

 

まとめ

このように、一口に「冷たいものがしみる」といっても、いろいろなパターンが考えられます。

しみるだけだからと甘く考えず、早めに歯科医院を受診しましょう。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 〒562-0001大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL https://www.8341shizuku.com/
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

ページトップへ