コラム|箕面で安心の歯医者、歯科をお探しの方は【しずくいし歯科医院】まで

時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~20:30
>>診療カレンダー
△土曜は10:00~14:00
休診日:日・祝

〒562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F

  • 電話
  • メニュー

コラムBlog

歯の豆知識

ホワイトニングをおこなう際の注意点について

2018年12月2日

歯の黄ばみでお悩みの方におすすめのホワイトニング治療。
箕面市箕面のしずくいし歯科医院でも、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類のホワイトニング治療を皆様にご提供しております。

 

ただホワイトニング治療をおこなうにあたっては、いくつかの注意点があります。
ホワイトニング治療にご興味のある方、これからホワイトニング治療を受けようとお考えの方は、施術前に以下の点をご確認いただきますよう、お願いいたします。

 

次のような方はホワイトニング治療がおこなえません

①大きな虫歯や重度の歯周病がある方
②妊娠中・授乳中の方
③「無カタラーゼ症」の方

 

①の方は虫歯や歯周病の治療終了後、②の方は妊娠・授乳を終えた段階でホワイトニング治療を開始することができます。③の方については、薬剤に含まれる過酸化水素を分解できないため、ホワイトニング治療が適用できません。

 

ホワイトニング治療では白くできない歯があります

ホワイトニング治療は神経が残っている天然歯であれば、どの歯でも適用できます。一方で次のようなケースは、ホワイトニング治療で歯を白くすることはできないためご注意ください。

 

【ホワイトニングでは白くできないケース】
・過去に大きな虫歯の治療で神経を抜いた歯
・歯科治療で入れた詰め物や被せ物の色
・薬物(テトラサイクリン)の服用によって変色した歯

 

上記に該当する歯に関しては、別の施術法や被せ物などで歯を白くすることができます。詳しくは当院にてお問合せください。

 

ホワイトニング治療中は「着色しやすい食品」の摂取に注意しましょう

ホワイトニング治療中に着色物を多く含む食べ物や飲み物を摂取すると、ホワイトニングの効果が低下する恐れがあるため注意しましょう。

 

特にホワイトニング施術後24時間以内は、次のような食品は控えるようにしてください。
〇コーヒー・紅茶・緑茶などのお茶類
〇コーラー・ジュース・赤ワインなど色の濃い飲み物
〇ソース・ケチャップ・醤油などの調味料を含む食品(焼きそば・スパゲティーなど)
〇カレーライス・チョコレートなど色の濃い食品
〇トマト・いちご・ブドウなど色の濃い野菜や果物 など

 

ホワイトニング治療に興味を持って頂けたならお気軽にお問合せくださいね。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

ホワイトニングの種類について

2018年11月29日

前回に引き続き、今回は箕面市箕面のしずくいし歯科医院で実際にご提供しているホワイトニング治療についてご紹介していきます。

 

当院では院内で施術をおこなう「オフィスホワイトニング」と、患者様にご自宅で施術をおこなっていただく「ホームホワイトニング」の2種類をご用意しております。
それぞれの特徴や具体的な方法を以下に詳しく記載しますので、ホワイトニングにご興味のある方はぜひ参考にしてください。

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは患者様に当院へご来院いただき、院内にて施術をおこなうホワイトニングです。

 

歯の表面にホワイトニングの薬剤を塗布し、そこに特殊な光を照射して歯を白くしていきます。1回の施術に要する時間は1時間程度、約3回の施術を目安にします。
ただしホワイトニングの効果には個人差がありますので、3回の施術でご満足いただけない場合は追加の処置が必要となります。

 

オフィスホワイトニングは効果を早く実感できるため、時間にあまり余裕のない方にはおすすめです。
またすべての工程を歯科医師、歯科衛生士がおこなうため、わずらわしい手間がかからないのもオフィスホワイトニングのメリットでしょう。

 

当院のオフィスホワイトニングでは歯や歯ぐきに優しい安全な薬剤を使用しています。それでも万が一施術中に不快な症状が出た場合は、処置を一時中断いたしますのでご安心ください。

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは患者様自身にご自宅で施術をおこなっていただくホワイトニングです。

 

一般的なホームホワイトニングは専用のマウストレーに薬剤を流し、それを毎日一定時間装着していきます。
しかし当院がご提供しているは、オフィスホワイトニングと同様の施術をご自宅でおこなっていただくホームホワイトニングです。

 

具体的な方法としては唇に開口器をセットし、歯の表面に専用の薬剤を塗布した後、小型の青色LED照射器で光を照射していきます。
従来の方法ではマウスピースを毎日数時間の装着する必要がありますが、当院のホームホワイトニングは8~15分程度で1回の施術が終了します。

 

効果が実感できるまでに時間は多少かかりますが、通院の手間がなく、自分の好きな時間に施術をおこなえるのがホームホワイトニングのメリットです。
また毎日継続しておこなえるため後戻りが少なく、歯の白さを長く維持することができます。さらに照射で使用する青色LEDには殺菌作用があるため、歯肉炎や口臭の予防にも効果的です。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

歯を白くするホワイトニング治療とは?

2018年11月26日

顔の中でも特に口元は、人の印象を決める重要なパーツです。唇からのぞく白くて美しい歯は、それだけで明るく清潔なイメージを周囲の人に与えるでしょう。

 

箕面市箕面のしずくいし歯科では、歯の黄ばみでお悩みの方やご自身の歯を今よりもっと白くしたいとご希望の方に、ホワイトニング治療をご案内しています。

 

今回はホワイトニング治療とはどのようなものなのか、その概要について簡単にご説明していきたいと思います。
当院でおこなっているホワイトニングの詳細については次回お話しする予定ですので、そちらも合わせてご参考にしてください。

 

「クリーニングとホワイトニングの違い

歯の黄ばみを落とす方法には、クリーニングとホワイトニングの2つの方法があります。

 

クリーニングでは主に歯の表面に付着したプラークや歯石、着色汚れを落としていきます。
歯の黄ばみの原因として代表的なのは、コーヒーやワインなどを飲む際に付着するステイン(茶渋汚れ)や、タバコを吸う際に付着するヤニ汚れです。
クリーニングではこれらの汚れをきれいにし、その歯が持つ本来の白さを取り戻していきます。

 

しかし歯の内側にまで染みこんだ汚れについては、クリーニングで落とすことができません。
クリーニングで落とせるのは歯の表面についた着色汚れのみで、それよりもさらに歯を白くしたい場合は、次のステップのホワイトニングをおこないます。

 

ホワイトニングでは専用の薬剤を歯の表面に塗布し、そこに特殊な光を照射して歯の内側にある着色汚れを漂白、分解していきます。
歯磨きやクリーニングをしても自分の歯の色に満足できないという方には、ホワイトニング治療がおすすめです。

 

「歯が黄ばんでしまう原因と対処法

私たちが毎日口にする食べ物や飲み物には、その多くに歯の黄ばみの原因となる着色物が含まれています。
例えば緑茶やコーヒー、紅茶、赤ワインなどに含まれる「ポリフェノール」や「タンニン」は、歯を着色させることで知られています。その他に醤油やソース、ケチャップ、味噌といった調味料にも着色物は含まれています。

 

歯の白さを維持するにはこれらの着色物を摂取しないことが1番ですが、そのすべてを回避することは不可能です。
そこでまずは毎日の歯磨きで、歯に付着した着色物を丁寧に落とすよう心がけます。くわえて定期的に歯科医院でプロによるクリーニング(PMTC)をおこなえば、歯の白さをさらに長く保ちやすくなるでしょう。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

子どもの歯ぎしり どう対処すべき?

2018年11月20日

子どもの歯ぎしりは乳歯が生えそろう3歳前後から小学生頃までによくみられますが、その多くは成長するにつれて次第に治まっていきます。
とはいえ、子どもの歯ぎしりを毎晩目にする保護者の方にしてみれば、「本当にこのままで大丈夫?」という不安が募るのも無理はありません。

 

そこで今回はなぜ歯ぎしりをしてしまうのか、また子どもが歯ぎしりをしている時の注意点などをお話ししていきましょう。

 

それほど心配はない子どもの歯ぎしり

歯ぎしりついては、いまだ明確になっていない点が多くあります。
今のところ有力とされているのは、睡眠中に起こる脳の興奮が顎を動かす筋肉を刺激し、それが顎の不規則な運動、つまり歯ぎしりを起こすという説です。そして睡眠中に脳が興奮してしまう原因にはストレスや性格、アルコール、喫煙、薬剤の服用、特定の疾患など、様々な要素が複雑に関与していると考えられています。

 

脳のシステムが未発達な子どもの場合、歯ぎしりは成長の過程で一時的に発生するものがほとんどで、その多くは大きくなるしたがって自然に消失していきます。
また子どもの歯ぎしりは自覚症状もなく、日常生活に支障がでるようなこともありません。

 

ただ乳歯は柔らかいため、長く歯ぎしりを続けている間に歯が欠けてしまったり、削れてしまったりすることがあります。
お子さまが歯ぎしりをしているようであれば、毎日お口の中の状態をよく確認し、何か異常があればすぐに歯科医院で相談してみましょう。

 

不規則な生活、ストレスにも注意が必要

子どもの歯ぎしりの中には、不規則な生活やストレスがその要因となっているケースもあります。
特に永久歯が生えそろった中高生以降も続くような歯ぎしりはその可能性が高いといえます。

 

歯ぎしりの発生元である睡眠中の脳の活動は、「睡眠の質」にも深く関与しています。
テレビゲームやスマートフォンの長時間使用や遅い就寝などは睡眠の質を低下させることから、子どもの歯ぎしり改善には生活習慣の見直しも重要なポイントになります。

 

また子どもの歯ぎしりには大人と同様に、心理的ストレスがその引き金となっているケースもあります。
子どもが突然歯ぎしりをはじめた、もしくは大きくなってからも歯ぎしりが長引くような場合には、心身のケアにも十分注意を払いましょう。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

子どもは何歳から歯医者に通う?

2018年11月16日

皆さんこんにちは。

予防歯科の先進国・スウェーデンでは、まだ歯の生えていない赤ちゃんの頃から定期的な歯科への受診が国民全員に義務づけられています。

 

物心がつく前から歯医者に通うのが当たり前になっているスウェーデンの子どもたち。
では日本の子どもたちは、どのぐらいの年齢から歯科医院へ受診すると良いのでしょうか。

 

基本的に何歳からでも歯科の受診はOK

日本においても歯科医院は基本的にどの年齢の子どもでも受診できます。1歳前後でよく起こりがちなのは落下や転倒などで口や顎をぶつけてしまうケースですが、他の部位にケガが見られない場合はまず歯科医院を受診しましょう。

 

また子どもに虫歯ができた際に、「こんなに小さいうちから治療ができるのか?」と不安になる保護者の方がいらっしゃいます。ただ歯科医院では本格的に虫歯の治療ができない場合でも、虫歯をそれ以上進行させないようにする処置がおこなえます。

 

箕面市箕面のしずくしいし歯科医院では、まだ歯医者さんになれていないお子さまに、無理矢理治療をおこなうようなことはしません。まずはしっかりコミュニケーションをとり、個々のお子さまに合わせて治療を進めていきますので、どうぞ安心してご来院ください。

 

乳歯が生えそろう頃までに一度歯科医院を受診しましょう

ケガや虫歯などのトラブルがなくても、せめて乳歯が生えそろう頃あたりまでに一度歯科医院を受診し、その後の定期健診を習慣づけていきましょう。

 

定期健診では虫歯の検査のほかに、顎の成長や歯並びに異常がないかもチェックしていきます。子どもの歯並びは早い段階で対処しておくと、のちに大きくなってから歯並びが悪くなるのを未然に防ぐことができます。

 

また定期検診では歯のチェックと合わせて、ブラッシング指導や歯を強くするフッ素塗布などをおこなっていきます。幼い頃から定期的にこのような予防処置を受けていると、子どもにも「歯医者さんは歯を守るためにいく場所」という意識が自然に身についていきます。それが結果として、子どもの将来にわたるお口の健康維持へつながっていくでしょう。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

子どもが虫歯になる原因

2018年11月13日

皆さんこんにちは。

子どもを虫歯にしたくない世のお父さん、お母さん達が熱心に取り組むことといえば、毎日の歯磨きではないでしょうか。今も嫌がる我が子の歯磨きに悩まされている保護者の方も少なくないでしょう。

 

ただ多くの方は「虫歯=歯磨き不足」とすぐとらえがちなのですが、実は子どもが虫歯になる原因のすべてが「歯磨き不足」とは限りません。

 

そこで今回は子どもの虫歯予防において、歯磨き以外で注意しておきたいポイントをお話ししていきたいと思います。

 

「ダラダラ食べ」をなくすこと

もちろん毎日の歯磨きは虫歯予防の基本であることに間違いはありません。しかし実際に子どもの虫歯の原因で多いのは「歯磨き不足」ではなく、時間を決めずに食べ物や飲み物を口にする「ダラダラ食べ」「ダラダラ飲み」のほうです。

 

しかし常に食べ物や飲み物がお口の中に入ってしまうと、唾液の中和作用が追いつかず、お口の中はずっと酸性の状態が続きます。その結果が虫歯の発生へとつながっていくのです。

 

このように虫歯の原因は、普段の生活習慣の中にも多く潜んでします。虫歯予防ではまずは日ごろの食生活を見直すこと、特に子どもの場合は「決められた時間に決められたものを食べる」という習慣を早い時期から身につけておくことが大切です。

 

「イオン飲料」「スポーツドリンク」に要注意

虫歯の原因として意外に多いのが、「イオン飲料」「スポーツドリンク」を日常的に飲ませているケースです。

 

イオン飲料やスポーツドリンクは、発熱や下痢が続いた際に医師から勧められて飲ませる、あるいは猛暑が続く中での熱中症予防として子どもに飲ませる方が多いと思います。ただこのようなきっかけから、「イオン飲料やスポーツドリンクは体に良い」というイメージを持たれる方がいらっしゃるようです。

 

しかし大量に汗をかいたり、下痢が続いたりする時以外に、イオン飲料やスポーツドリンクに栄養面のメリットはありません。さらにイオン飲料やスポーツドリンクには糖分が多く含まれるほか、飲み物自体が酸性なので歯にとっては大きなダメージとなります。したがって特別な場合以外の飲み物は、お茶やお水を与えるようにしましょう。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

前歯だけを部分的に矯正する矯正治療

2018年11月9日

皆さんこんにちは。

今矯正治療で一般的によくおこなわれるのは、歯の表面にブラケットとワイヤーを装着する「ブラケット矯正」です。この方法では土台がしっかりした奥歯を固定源にし、それより前方にある歯を引っ張るようにして動かしていきます。ブラケット装置を使った矯正治療は応用範囲が広く、どのような歯並びの治療でも適用できる一方で、治療中の違和感や痛み、食事の際の不快感などが難点となります。

 

このブラケット装置を用いて、前歯の気になる歯並びを整えていくのが「プチ矯正」と呼ばれる部分矯正です。プチ矯正は従来の治療ほど大がかりではない分、治療中の痛みや不快感を軽減することができます。

箕面市箕面のしずくいし歯科医院では次のような歯並びのお悩みのある方に、「前歯だけを部分的に矯正する矯正治療(プチ矯正)」をご案内しております。

 

・前歯のわずかなすき間(すきっ歯)が気になる
・前歯が1本だけねじれている
・前歯の凸凹をキレイにしたい など

 

それでは具体的に「前歯だけを部分的に矯正する矯正治療(プチ矯正)」にはどのようなメリットがあるのか、また治療に際しての注意点について詳しくご紹介していきましょう。

 

前歯だけを部分的に矯正する矯正治療(プチ矯正)のメリット

従来のブラケット矯正では奥歯を固定源にするのに対し、前歯だけを部分的に矯正する矯正治療(プチ矯正)では歯根が長い犬歯(前から3番目の歯)を固定源にして歯を動かしていきます。装置が装着されるのは前歯のみとなるため、従来の治療よりも違和感や不快感が少なくなります。

 

またプチ矯正は気になる部位の歯並びだけを治療するため、従来の治療よりも治療期間を短く、また費用も安く抑えられるのもメリットです。

 

前歯だけを部分的に矯正する矯正治療(プチ矯正)の注意点

前歯だけを部分的に矯正する矯正治療(プチ矯正)は基本的に「前歯の歯並び」を対象にした治療法なので、それよりも奥の歯並びや咬み合わせのズレなどを治すことはできません。

 

また顎の骨が大きく突出するような「出っ歯」や「受け口」なども、プチ矯正では治せないので注意しましょう。「プチ」という名にある通り、プチ矯正はあくまで前歯のわずかな凸凹やすき間などを解消するのに適した治療法であることをぜひご理解いただければと思います。

 

ご自身の歯並びがプチ矯正で治せるかどうか気になる方は、ぜひ一度当院にてお気軽にご相談ください。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

取り外しができる子どもの床矯正

2018年11月5日

皆さんこんにちは。

今回は箕面市箕面のしずくいし歯科医院がおこなっている矯正メニューの1つ、「床矯正(しょうきょうせい)」についてお話ししていきたいと思います。

 

一般的におこなわれるブラケットを使用した矯正装置は、一度歯に装着すると治療が終わるまで外すことができません。それに対して治療中でも取り外しができる「床拡大(しょうかくだい)装置」を使用しながら歯並びを整えていくのが、床矯正といわれる子供向けの矯正治療です。

 

床拡大装置はプラスチックと細いワイヤーとで作られており、さらにプラスチックの床の部分には小さな「ネジ」のようなものが取り付けられています。そのネジを回すと装置全体が横や縦に広がる仕組みになっており、装置を少しずつ広げながら顎の成長をうながしていきます。

 

顎の大きさをコントロールしながら歯並びを整える

歯の大きさに対して顎が小さいと、歯はきれいに並ぶことができません。これは4人掛けベンチに5,6人が無理に座っているような状況と同じです。このような状況でストレスなくベンチに座るためには、4人以外の人に座るのを諦めてもらうほかありません。

 

床矯正はこの「4人掛け」のベンチを「6人掛け」にしていく矯正治療です。この方法であればベンチを利用したい人すべてに座ってもらうことができます。つまり床矯正は歯が並ぶ「顎の骨」を大きく広げながら、それぞれの歯が正しい位置に並ぶように導いていくのです。

 

床矯正は成長過程にある子どものほうが顎の大きさをコントロールしやすく、また後戻りも少なく良好な結果が得られやすくなります。

 

床矯正のメリットとデメリット

床矯正で使用する床拡大装置は、食事や歯磨きの際に取り外すことができます。そのため小さなお子様にも治療中の負担が少ないのが良い点です。さらに通常の矯正治療と比べて治療中の痛みが少ないのもメリットでしょう。

 

また床矯正は顎の大きさのバランスを整えていくため、将来的に本格的な矯正治療が必要になる場合でも、歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります。

 

一方で床拡大装置は毎日決められた時間装着しなければ、その効果を得ることができません。そのため治療に際しては、ある程度お子さまの理解や協力が必要となります。また歯並びの状態によっては床矯正で対応できないケースもあるため、まずはお子さまの歯並びが床矯正の対象になるのか歯科医に相談してみましょう。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

マウスピースを使った矯正治療

2018年10月27日

皆さんこんにちは。

今回は箕面市箕面のしずくいし歯科医院がご提供する治療メニューにもある「マウスピース矯正」についてご紹介していきます。

 

マウスピース矯正とはその名の通り、プラスチック製のマウスピースを使って歯並びをきれいにする治療法です。歯の動きに合せてその都度マウスピースを作製していき、ご希望の歯並びまでマウスピースを1,2週間ごとに交換しながら歯並びを整えていきます。

 

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正の良いところは装置が目立たず、治療中も人の目を気にする必要がない点です。さらに装着しても違和感が少ないほか、食事や歯磨きの際には取り外しができることもメリットでしょう。

 

従来の矯正治療では「ブラケット」と呼ばれる小さなボタンのようなものを歯の表面に装着し、そこに金属製のワイヤーを通して歯並びを整えていきます。しかしこのブラケット装置は目立ちやすく、一時的とはいえ見栄えが悪くなるというのが欠点です。また一度装着すると取り外しができないため、食事や歯磨きなどがしづらくなります。

 

マウスピース矯正は装置自体が人の目に触れにくいため、周囲の人に気づかれることなく矯正治療をおこなえます。またマウスピースは違和感が少なく取り外しも可能なので、これまでと同じように食事や会話を楽しむことができます。

 

マウスピース矯正で注意したいこと

装置が目立たず、違和感も少ないことで注目されるマウスピース矯正ですが、残念ながらどの歯並びにも適用できる治療法ではありません。マウスピース矯正を希望される場合でも、歯並びの状態によっては治療を受けられない可能性があることをぜひご理解ください。

 

次に実際にマウスピース矯正をおこなう際の注意点です。

 

マウスピース矯正は装置の管理を患者様自身でおこないます。したがって歯科医の指示通りに装着しなれば、思い通りの歯並びに到達できない可能性があるため注意しましょう。

 

また先ほど「取り外しが可能」と記しましたが、マウスピースは基本的に1日17時間以上装着しなければなりません。従来の矯正治療より歯磨きはしやすくなりますが、長時間の装着によってお口の中がいつもより不衛生になりやすいため油断は禁物です。マウスピース矯正をおこなう場合は、これまで以上に毎日の歯磨きを徹底しましょう。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。

しずくいし歯科医院がおこなっている矯正治療の種類

2018年10月26日

皆さんこんにちは。

しずくいし歯科医院です。

 

歯列矯正は「見栄えを美しくする治療」と思われがちですが、歯並びをきれいにすることは私たちの健康面にも大きなメリットをもたらします。

 

まず歯並びが良くなるとお口の中に汚れがたまりにくくなるほか、歯ブラシも当てやすくなるので将来的な虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。また矯正治療によって咬み合わせが安定すると食べ物をしっかり咬めるようになるため、栄養バランンスが良好になるほか、胃腸に対する負担も軽減されるでしょう。

 

当院では、年齢やお悩みに応じた矯正治療を皆様にご提供しております。矯正治療はそれぞれの治療法によって適用できるケースや治療にかかる費用、期間などが異なりますので、ご興味のある方はぜひお気軽に当院にてご相談ください。

 

今回は実際に当院でおこなっている矯正治療の種類について、簡単にご紹介していきたいと思います。それぞれの治療法の詳細については、次回以降のコラムにてご紹介していくのでそちらをご参考ください。

 

マウスピース矯正

矯正治療といえば、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を歯の表面に張り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かしてくのが一般的です。そのブラケットとワイヤーを一切使用せず、プラスチック製のマウスピースを使って歯並びを治していくのがマウスピース矯正です。

 

床矯正(しょうきょうせい)

床矯正はお子さまの成長を利用して、顎の大きさをコントロールしながら歯並びを整えていく矯正治療です。

 

通常の矯正治療では、歯をキレイに並べるためのスペースを抜歯によって確保していくことがあります。しかし床矯正は顎を歯が正しく並ぶのに適した大きさへと導いていくため、健康な歯を抜かずに歯並びを整えることができます。

 

医院名 しずくいし歯科医院
院長 雫石 毅
所在地 562-0001 大阪府箕面市箕面6-9-6 箕面しずくビル1F
電話番号 072-724-8341
URL
業務内容 歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科・歯周病治療・口腔外科・インプラント・義歯治療
説明 阪急箕面線「箕面駅」より徒歩5分、土曜も診療している歯医者【しずくいし歯科医院】です。当院では、安心して治療を受けていただくのはもちろん、リラックスしていただけるように、院内環境にリラクゼーション要素も取り入れ、「癒し」をテーマに患者の皆さまにとって居心地の良い医院作りを目指しています。
1 2 3
ページトップへ